甘々なMikanの徒然

いろんな思いついたことやらいろいろ。。

上司と部下と。。

 職場においていろんな苦労がある中でも部下を教育する事は
上司がもっとも頭を痛める事柄の一つでしょう。
 
 
部下は上司を選べない以前に、中間管理職も部下を選ぶことはできないのですから
余計に気を遣うものです。
 
「人を使うは苦を使う」とはよく言われたもので、
どうしても部下の欠点ばかりが目につくもので、
つい依頼をしたものの、成果が期待値よりも低いことが往々にしてありますが、
自分の沸点を上げてしまうのではなく、まず深呼吸して自分の指示の出し方が正しかったかどうかや、
なぜ相手は期待値より低い成果しか出なかったのかを考えてみてください。
 
くれぐれも一時的な感情に流されて部下を怒鳴ったりしないようにご注意ください。
 
仕事は一人ではできません。
 
 
だからこそ「仕事をさせる」のではなく「仕事をいかに気持ちよくしてもらうか」という
見方に立ってみてはいかがでしょうか。
 
そうすると今まで違った見え方がしてきませんか?
 
 
山本五十六氏の言葉にこんな言葉があります。
 
やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。
 
名将の山本五十六氏も人を上手に使うということに
頭を悩ませておられたようですね。

 

広告を非表示にする